JA梨北

新着情報一覧

梨北散歩(管内の名所・史跡・店舗・景観ポイント等を紹介)

管内の名所・史跡・店舗・景観ポイント等を紹介するコーナーです。

7.韮崎市 姫宮神社 鏡石

姫宮神社

 韮崎市本町の姫宮神社には、鏡石と呼ばれる石があります。

 かつて山岳信仰の1つの富士講をする人達によって、宝暦7年に舟山に設けられた石造物です。高さ1.3メートルの台石の上に直径76センチメートルの安山岩製のドーナツ型の鏡石が乗せられています。

 同神社は、災難除、水陸交通安全の神として崇拝されており、御祭神として湍津姫命、市杵島姫命、田心姫命を祀っています。祭典当日には昔から草相撲が盛んであり、現在も子供相撲が続けられています。

(神社内立看板・韮崎市ホームページより抜粋)

 

6.北杜市須玉町 正覚寺 味噌なめ地蔵
IMG_0540

 北杜市須玉町若神子にある正覚寺の参道入口には、「味噌なめ地蔵」と呼ばれるお地蔵様が座っています。

 全身に味噌が塗られ、背中には荒縄で縛ったかのような跡がいくつも見られます。古くから、「信玄公が信州川中島から、縄をまきつけてズルズルと引いてきた」という逸話があるそうです。

 このお地蔵様には、「自分の体の病んでいる部分と同じ個所に味噌を塗って祈願すれば必ず治る」という言い伝えがあります。最近でも、祈願に訪れた方が塗った味噌が、あちらこちらに見られます。

 

5.韮崎市円野町 宇波刀神社(うわとじんじゃ)

IMG_0539

 

 山梨県韮崎市円野町下円井にある神社です。

 第18代反正天皇の皇女円比女(つぶらひめ)がこの地で諏訪明神を守護神として崇め奉ったことが起こり(創祀)と伝えられ、養老2年(718年)創建とされています。当時は宇波刀神社諏訪大明神と称したといいます。

 御祭神は、建御名方命(たけみなかたのみこと)、事代主命(ことしろぬしのみこと)、日本武尊(やまとたけるのみこと)で、勝運、五穀豊穣、安産などのご利益があるといわれています。

 2月17日に祈年祭(五穀豊作を祈る神事)、10月17日に例祭が催されています。

(神社内立看板より引用)

4.北杜市・韮崎市・甲斐市 茅ヶ岳

image1

 北杜市・韮崎市・甲斐市に属する標高1,704 mの山です。山容が八ヶ岳によく似ているので「にせ八つ」との異名があります。頂上から、奥秩父の主脈、甲斐駒ヶ岳や鳳凰三山などの南アルプスの山々、富士山までも展望できます。

 1971年(昭和46年)3月21日に、「日本百名山」の著者である深田久弥氏が、登頂まであとわずかの地点で死去した山として知られています。麓にある深田記念公園には、同氏の「百の頂に百の喜びあり」という言葉が刻まれた記念碑があります。同公園では毎年4月に、韮崎市と地元の山岳会「白鳳会」によって深田祭が開催されています。

 

3.北杜市須玉町 津金学校(旧須玉町歴史資料館)

IMG_8168  明治6年に建てられた旧津金学校は、日本で現存する最古の擬洋風学校建築です。

 1階の音楽室(休憩コーナー)は、当時学校で使われていた足踏みオルガンやピアノ等、懐かしい楽器や教材に触れる事ができます。また、カフェ明治学校(1階)では、津金のりんご等の果実をトッピングしたかき氷などが楽しめます。2階では、昭和30年頃の懐かしい教室風景を再現しています。貴重な二人掛けの木製の机と椅子、教壇や黒板などが展示されています。3階には、時の鐘ならぬ時の太鼓が設置されており、東西南北の窓から、南アルプスや津金の里山を眺望できます。

 NPO法人文化資源活用協会(文資協)が運営し、地域の貴重な文化資源として活用ならびに公開しています。

IMG_8172

IMG_8173

 

2.韮崎市旭町 椹池(さわらいけ)

 甘利山の登山口付近(標高1283m)にある小さな池です。池に住む大蛇の言い伝え(甘利山伝説)や、1980年代には池底から奈良時代の鉄剣が見つかり、TV取材などで注目を集めたことがありました。鉄剣や甘利山伝説にまつわる写真や資料は、椹池湖畔にある山荘に展示されています。

 池を1周する約20分のコースには、「樹齢約170年の栗大王」等と表示された大きな栗の木や、その根元に祀られる社と蛙の石像があり、木造の小さな橋や生い茂る多種の山野草などを楽しみながら周回できます。

 
IMG_7699

IMG_7700

 

1.北杜市白州町 石尊神社

IMG_6585

 北杜市白州町 石尊神社(せきそんじんじゃ) 北杜市白州町鳥原に鎮座し、大山袛命と日本武尊の2神を祀る神社です。創建は応永5年と伝えられ、約200年後の文禄3年に再興されたのが荒廃したので、江戸時代末期に、信州の宮大工立川流の工匠によって復興されたと伝えられています。
 背後の雨乞山は古くから信仰の対象となる霊山で、山頂では度々雨乞いの儀式が行われ、その際には石尊神社に参拝してから登拝するのが常とされていたそうです。秋の祭りでは相撲が奉納され、多くの参拝者が訪れます。
(立看板より引用)

IMG_6583

OLYMPUS DIGITAL CAMERA