JA梨北

新着情報一覧

次世代農業者がインターンシップ

 JA梨北は、7月7日から山梨県立農業大学校生徒の実習を受け入れています。

 同校では、先進的な経営をしている農業団体で実践的な栽培管理方法や経営管理技術を学習するため、インターンシップを実施しています。

 3人のインターン生は、2021年2月にかけて28日間、ブドウ栽培に従事するほか、JAの農作業受委託事業、農産物直売所『よってけし』の店舗業務などに携わります。

 「実習を通じて、農業に関する知識や経験を深めたい」と、インターン生は意欲的です。