JA梨北

新着情報一覧

農業関連業務を最優先にした農業者支援

 新型コロナウイルスの感染拡大に対し、「緊急事態宣言」が全国に発令されたことを受け、JA梨北では4月27日から5月19日まで、スプリット体制の導入に伴って、一部の店舗を休業しました。
組合員をはじめとする利用者へのサービスを維持しつつ、感染拡大防止を目的とする社会的要請に対応するため実施しました。ご理解とご協力をいただき、ありがとうございました。

 山梨のブランド『梨北米』の産地は、県内でもいち早く農繁期を迎えます。米産地を守るため、育苗センター等の農業関連業務を止めるわけにはいきません。感染拡大防止策のスプリット体制では、労働力の確保が必要です。そこで、本店を含めた17店舗のうち9店舗を休業し、本支店間相互乗り入れの交替勤務体制により、農業関連業務を最優先にして農業者を支援しました。