JA梨北

新着情報一覧

ミニデイサービス利用者の〝莢むき〟

 高根地区で開催するミニデイサービスは、2年前、家族がケガをして莢むきの作業が進まず、出荷ができなくて困っている花豆の生産者の手伝いに一役買いました。生産者からの突発的な依頼で始まった莢むきでしたが、今では「農」を介した福祉活動として定着しています。

 雑談に花を咲かせつつ、歌を口ずさみながら、熟練の手さばきで莢をむく利用者は、「自分たちの莢むきが生産者の役に立っていることが嬉しい」「レストランの料理や商品として利用されていることが張り合いだ」と誇らし気に笑いました。