JA梨北

新着情報一覧

家畜伝染病発生時の車両消毒ポイントに関する覚書締結

DSC_0551

 JA梨北は3月29日、県西部家畜保健衛生所と「家畜伝染病発生時における車両消毒ポイントに関する覚書」を締結しました。

豚コレラや鳥インフルエンザ、口蹄疫などの家畜伝染病の発生時にまん延を防ぐため、畜産関係者の車両を消毒する場所としてJA施設4カ所を提供するという内容です。家畜伝染病が発生してから場所を決めるのではなく、事前に決めて素早い初動体制を組むことが目的です。

 澤井組合長は「最近、豚コレラが発生したので、家畜伝染病のまん延を防ぐ取り組みを県とJAが協力して担うことは意義深いです」と強調し、同保健衛生所の清水所長は「いざという時にJAがすぐに対応いただけることはありがたいです」とコメントしました。